いまごろアバター

周りがアバター・アバターうるさいのでw
いまごろアバター観てきた。
ストーリーのさわりもメカもパンドラもTVの予告で
見ていたし、実際鑑賞したストーリーも予想の範囲内の展開+αでした。
+αには何気にナウシカやもののけな要素があったような・・・w
CGに関しては、すげーなやっぱりと思いました。w
特にナヴィがすごい。
最初はやはりCGっぽく見えたけど時々本当に生きてる生き物?みたいに感じましたよ。
肌の質感、柔らかさや弾力の感じ+3D(立体視)での存在感。
異星人を描いてるけど普通の人間でも出来ちゃうよね・・
役者っていなくても映画出来ちゃうよね(^^;;
(モーションアクターさえ、いづれ必要なくなるんだろうな・・)
さて3Dです。あ、立体的に見えるほうの3Dね。
近場の映画館で3D上映ってことで何方式かまでは調べずに行ったのですが
今回、観てきた映画館はXpanD方式でした・・・orz
メガネかけてるオイラには2重にメガネかけることになってそれだけで辛いうえに、
この方式のメガネは他の方式のメガネの中で一番重く一番暗いという・・・
まぁ実際は見た目ほど重くないんだけど、暗さはやっぱり暗い!(^^;;
そりゃそうです。透明の状態ですでに偏光フィルタ一枚入っているから
その時点で既にRealD方式の暗さになっているわけで更にそこから左右交互に
液晶シャッターが切られるから、感じられる明るさは更に半分になってしまうわけで・・・
(あ・あとシャッター方式ってことで凄く早い動きのあるシーンでは、ちょっと辛いときがあるかも。)
まぁしゃーない、観てるうちに目が慣れるでしょってことで映画後半には
あまり気にならなくなりました。
(でもやっぱ観るならIMAX3Dがベストでしょね。で、なけりゃRealDがいいと思います。)
まぁ一応立体的に鑑賞できました。
やっぱりこの映画は立体で鑑賞すべきですね。特に映画館で鑑賞するなら。
今回、方式のせいか?没入感は期待ほどじゃなかったけど普通に鑑賞するよりかは
絶対良かったと感じました。
久々に映画館で観て良かったと思う映画でした。
3D(立体視)といえば過去に3度ほど3D(立体視)の御仕事したことありますが
どれも○○機構みたいなところの御仕事で、しかも子供向けコンテンツだったので
子供の目が疲れないように、間違っても癲癇(てんかん)などを引き起こさないように
ってことで強く制限されたので、視差を抑えたり、注視点をできるだけ無限遠に近づけたりと
した為、なんとなく3D(立体視)って感じになって個人的には不満足で終わってるので、
もしまたそういう機会があったら、今度は満足いくものにしたいですね。
ところで、この3Dっていう呼び方なんとかならんですかね?w
我々って普通に3Dっていうと3Dなわけで(^^;;;
立体視の3Dって他に呼び方を作って頂きたい。
と、思ってたら、S3D (ステレオスコピック3D) と言えばいいようだ。w
広告
カテゴリー: CG・映像 雑談ネタ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中